‘本拵’ の関連記事

厚口刀身/2尺4寸に柄長8寸5分で製作重量は952gとなりました。真剣柄製作を行った柄前と刀身は、真剣同様に脱着をすることが可能です。
白鞘を持込いただき、拵一式の製作を承りました。拵の新調にあたって新規製作した切羽。ガタつかず茎を傷めません。また、別途替鞘の製作も行っています。この替鞘には、口木(くちき)と呼ばれる木栓をご用意しました。
厚口刀身/2尺5寸5分に柄長9寸で製作重量は1000gちょうどとなりました。柄木は真剣同様に茎合わせで本職人が製作する真剣柄ですので、刀身の着脱が可能です。鞘塗も漆を用いた乾漆塗で、品の良い一振に仕上がっています。
柄前の新調をご依頼いただきました。柄長7寸5分、正絹の摘み巻(上巻)です。お預かり当初の柄前は好ましい状態ではなく、新調と合わせて改善を行いました。
鞘と柄前の新調をご依頼いただきました。研ぎ上がった御刀であったため、取扱に砕心しました。菱目調整のため通常よりも細めの柄糸を用いた柄巻や径指定の鞘製作など、完成後の姿からは目立ちにくい苦労がありました。
柄前、鞘、ハバキの新調をご依頼いただきました。ハバキは銅地一重で庄内藩のお国振り。鍔には責金を行い鍔と刀身の双方を保護しています。また鞘鯉口周辺の刃方には水牛角を埋没する刃道補強を行っています。
標準刀身/2尺4寸に柄長8寸5分で製作重量は845gとなりました。柄木は真剣柄製作を行い、茎表に彫り込んだ「村正」の銘を鑑賞することができます。鞘には補強金具を取付け鯉口補強を行ったほか、笄櫃と小柄櫃を設けました。小柄小刀はお客様持込の本歌(銘:千手院盛国)です。
鞘修理のご依頼をいただきました。衝撃によって破損・欠落した鯉口の再製作及び付帯一式工作を行いました。 一旦完成した鞘への再工作は、鞘塗への影響がどうしても避けられません。

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top