‘拵’ の関連記事

厚口刀身/2尺4寸、柄長8寸5分で製作重量は866gとなりました。緑色の濃淡でまとめられた外装が見事な一振です。
標準刀身/2尺4寸、柄長8寸5分で製作重量は893gとなりました。横手研ぎにより角の立った三ツ頭や鯉口・栗形・鐺の3点に水牛角を用いた乾漆塗の鞘など、真剣と見間違える品格の高い一振となりました。
揃いの大小拵の製作をご依頼いただきました。このうち小刀のみをご紹介しています。
関市刃物まつりと同日程で開催される「ハモミリヲ・メタルアートコンテスト」に当店工房が作品を出品しました。コンテストのコンセプトに添って製作された模擬刀は、外装のほとんどに金属を着せた総金属着打刀拵です。
昨年の7月に刀身の造りが異なる3種の短刀をそれぞれ1口ずつ試作し販売をしたところ、ありがたいことに早々に完売となり以後も再販についてのお問合せを多くいただくようになりました。これにお応えするかたちで、新たに6種の短刀の販売を開始しました。3種の刀身と2種の鞘をご用意しており、柄巻や鞘塗など10項目のご変更が可能です。
標準刀身/2尺4寸、柄長8寸5分で製作重量は756gとなりました。棒樋深彫り、真剣樋、掻流し。鞘の溜塗腰千段刻がめずらしいです。
厚口刀身/2尺4寸5分に柄長8寸5分で製作重量は985gです。金具は偈文図の揃い意匠、鞘塗は慈成初となる堆朱塗をご依頼いただきました。
厚口刀身/2尺8寸に柄長1尺で製作重量は1170gとなりました。透塗鞘に加え灰色の革緒による柄前で独特な外観に仕上がっています。

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top