‘刀身’ の関連記事

こんにちは、そしべです。 なんと更新が半年以上も滞ってしまいました…。 今日は、模擬刀刀身の切先調整について紹介をします。 一般的な模擬刀の”通常” 模擬刀の刀身は鋳物ですから、その姿は鋳型が原型となります。 いくつかの種類が存在しますが、一般的な鋳型の特徴は次の通りです。 …
皆さんこんにちは、そしべです。 遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 2013年はじめての記事は、新刃文追加のお知らせです。 先週末の鞘塗1点追加(若狭塗)に引き続き、新しく以下刃文2点を追加しました。 ・源清麿写し ・福岡一文字写し 既存の基本刃文、刀工写し刃文、名刀写し刃文に加え…
皆さんこんにちは、そしべです。今日は慈成の商品情報表記について書こうと思います。 居合刀刀身の多くには、棒樋が掻かれています。 これは別途棒樋を掻く工程があるのではなく、刀身の鋳物型にもともと掻かれているんです。 ただ、そのままでは浅く表面もなめらかではないた め、職人が主に機械をつかって仕上げを行…
こんばんは、そしべです。 久々の更新になります。 今日はタイトル通り、千子村正写し刃文変更のお知らせです。 これまでのものは、大きな焼き出しである腰刃が特徴的な刃文でした。 これを見直し、より普遍的なものに変更することになりました。 新たな刃文は、互の目の頭が角張った箱刃を特徴として捉えています。 …
皆さんこんにちは。 そしべです。 毎日本当に暑いですね。 慈成は今週末よりお盆の連休を頂きます。 あまり良い天気ではなさそうな見込みですが、リフレッシュしたいと思っています。 今日のお知らせは、新たに受付を始めた既製居合刀への追加工作(刀身彫)についてです。 「五分止(ごぶどめ)」工作と名付けてみま…
こんばんは、店長の宮川です。 すみません。店長いたの?って感じですよね。 慈成運営もほぼそしべ君がやってくれているので お客様の中には本気で思われてる方もいるのではないでしょうか? しかも職人さんブログ・・・。 いますよちゃんと、仕事もしてます。 サボってもいません。 まぁ私の話はどうでもいいですね…
こんにちは、そしべです。 今日はほんのちょっとした豆知識についてです。 といっても、刀剣に関して造詣が深い方々からすればごく当たり前なお話です。 それは、「刃渡り」について。 別称として、刃長(はちょう/じんちょう)とも呼ばれますが同じ意味合いだと思います。 「刃渡り」の定義とは、刀の一体どこからど…
こんにちは、そしべです。 台風きてますね。 今年の一文字は「災」に間違いなさそうですが、元気だして行きましょう! さて今回は久々の刃文クイズですよ。 以前一度実施したときには、人づてに正解者がいたことを知りました。すばらしい! 今日のお題となる以下のこの刃文、いったいなんでしょうか?? ※画像はクリ…

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top