‘厚口刀身’ の関連記事

厚口刀身/2尺3寸に柄長8寸で製作重量は895gとなりました。棒樋は深彫りを行い、区際で丸止。確認しづらい写真となってしまいましたが、庄内/金仕上げのハバキを履いています。
厚口刀身/2尺7寸に柄長9寸5分の大振りな姿。鞘を払って1000g前後の重量調整を行い、製作重量は1020gとなりました。鍔には重めのT-019-4IR4 肥後木瓜図鍔をご選択され、御刀全体とうまくバランスがとれています。
宮本武蔵晩年の愛刀として知られる武蔵拵を製作のモデルとしてご用命をいただきました。厚口刀身/2尺3寸に柄長8寸の姿で製作重量は883g。随所に武蔵拵を思わせるご選択をされながら重量指定や柄形手合わせ調整を行い、鑑賞と実用を兼ね備えた一振に仕上がっています。
厚口刀身/2尺4寸に柄長8寸で鞘を払って870g前後、手元寄り重心のご指定をいただき製作重量は878gとなりました。金具は龍と波の図柄でまとめられています。
居合刀無料体験をご利用のうえお気に召していただいた試用刀(6番刀)をもとにした特注製作のご依頼をいただきました。厚口刀身/2尺4寸2分に柄長8寸で製作重量は866g。刀身には棒樋深彫りと丸止工作を行っています。
お手持ちの真剣の拵と同じ金具、同じ柄巻での製作のご依頼をいただきました。厚口刀身/2尺5寸5分に柄長9寸で製作重量は1010g。縁頭と鐺金具は揃い意匠の籠図です。
模擬刀身に日本刀(真剣)の本拵一式を着せるご注文をいただきました。厚口刀身に二筋樋を掻き、それぞれに真剣樋と丸止を行っています。鍔以外の刀装具は全て銀製をご指定いただき、それに合わせて鍔を銀イブシに仕上げました。随所凝り尽くした一振です。
厚口刀身/2尺4寸に柄長8寸5分で製作重量は952gとなりました。真剣柄製作を行った柄前と刀身は、真剣同様に脱着をすることが可能です。

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top