‘軽量刀身’ の関連記事

軽量刀身/2尺4寸5分、1分反りの特注刀身です。この刀身を収めるための外装はすべて一点製作(本拵)いたしました。フランスの高名な高段者の方からのご注文です。
軽量刀身/2尺2寸に柄長7寸5分で製作重量は672gとなりました。特注居合刀製作のうち加算料金の発生しない範囲でうまく拵を楽しまれています。鍔はT-027-4SU9 蘭図透鐔。縁頭のK-003-4IR5 肥後図は癖がないため握りやすい柄に仕上がりました。
女性向けとして軽量な居合刀製作のご依頼をいただきました。軽量刀身/2尺4寸5分に柄長8寸5分で極力軽量に仕上げた製作重量は693gとなりました。外装をほぼ全て黒で統一され、引き締まった印象の一振になっています。
篠笛塗鞘大小拵。大刀は軽量刀身/2尺2寸5分、柄長8寸5分で製作重量は695g、小刀刀身/1尺4寸に柄長4寸5分で製作重量は450gとなりました。お客様のご希望により、大小ともに同じ鍔を用いて製作しています。
軽量刀身/2尺3寸、柄長8寸で製作重量は742gとなりました。非常に素軽い1振です。棒樋は区際まで掻き伸ばして五分止です。鍔、縁頭、目貫は全て龍の意匠で統一されました。鯉口から栗形までの間に鮫皮を巻いて補強していますが、外観からはほとんど判別がつきません。
拵全体。軽量刀身/2尺2寸で製作重量は756gとなりました。色みが抑えられ、まとまりのある印象に仕上がっています。柄形はご提示頂く手のひら写真をもとに手合わせ調整。柄巻は正絹です。刀装具の意匠は全て桜で統一されました。桜図透鐔に縁頭は桜肥後図 銀イブシです。目貫には銀製の桜扇図をご選択。鐺金具は縁頭と同意匠の桜肥後図 銀イブシです。鞘塗は光沢のある柄巻に合わせた紺呂塗。鯉口には補強金具を取付けました。
拵全体。優雅な雰囲気の一振です。棒樋は掻流し。鍔は軽量なT-003-4IR5 影蝶図をご選択。寸法小の縁頭を用いて、握りやすいすっきりした柄形となりました。女性らしい華やかな青貝散塗鞘。縁頭と揃い意匠の鐺金具(C-034-2BR3 怒濤図)。

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top