‘短刀’ の関連記事

昨年の7月に刀身の造りが異なる3種の短刀をそれぞれ1口ずつ試作し販売をしたところ、ありがたいことに早々に完売となり以後も再販についてのお問合せを多くいただくようになりました。これにお応えするかたちで、新たに6種の短刀の販売を開始しました。3種の刀身と2種の鞘をご用意しており、柄巻や鞘塗など10項目のご変更が可能です。
大変長らくお待たせをいたしました。 かなり長期の間在庫切れとなっていた合口短刀拵の受注を再開しました。平造 黒呂塗鞘 合口短刀拵平造 紺呂塗鞘 合口短刀拵また、受注再開と合わせてご選択いただける下緒の柄が2種類追加となりましたので、ご紹介します。真田紐 赤・白おめでたい色の組み合わせとして定番中の定…
先日ご紹介した試作短刀3種の数量限定販売を開始しました。それぞれ1口ずつしか製作をしていませんので、1点限りの販売となります。ご希望の方はお早めにお求めください。
刀身の造り込みと拵の異なる短刀を3種試作してみました。その3は、おそらく造、朱呂塗鞘糸巻短刀拵です。武田信玄公の馬手指が起源と伝わるおそらく造の試作は、これで3度目となります。刀身の半分以上を占める切先や、横手から反り変える姿をうまく再現できたと思います。外装には、武田信玄公を連想させる要素を散りばめました。
刀身の造り込みと拵の異なる短刀を3種試作してみました。その2は、冠落し造、暗朱石目塗鞘糸巻短刀拵です。同じ造り込みの短刀に多く見られる添樋のほか腰元には棒樋を掻流し、非常に再現性の高い製作ができました。閑寂な色合いと特徴のある意匠の金具の組合せから、知らずのうちに肥後拵を思わせる外装になったと考えています。
刀身の造り込みと拵の異なる短刀を3種試作してみました。その1のご紹介は、鯰尾造、溜塗鞘糸巻短刀拵です。鯰尾造の完全な再現には至りませんでしたが本刀なりの魅力を感じていただけたら幸いです。拵は武家を連想させる男性的な印象に仕上がりました。試作3種のうち、鞘に返角がつくのは本刀のみです。
拵全体。当店取扱いの既製品”鎬造 千段刻鞘 糸巻短刀拵”とほぼ同一ですが、丸尻に仕上げ、差裏に小柄櫃を設けました。
久々の更新となります。 諸事情により詳細なご案内は避けますが、家から家へと贈られる短刀拵をご紹介します。 この合口短刀拵は、お祝いと感謝のしるしとして製作されました。 同じ拵で2口製作しています。 ▲ご進物 梨地塗鞘合口短刀拵 ▲差表には”感謝”の二文字 ▲出し鮫に据えられた…

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top