‘日本刀(真剣)’ の関連記事

柄前、鞘、ハバキの新調をご依頼いただきました。ハバキは銅地一重で庄内藩のお国振り。鍔には責金を行い鍔と刀身の双方を保護しています。また鞘鯉口周辺の刃方には水牛角を埋没する刃道補強を行っています。
鞘修理のご依頼をいただきました。衝撃によって破損・欠落した鯉口の再製作及び付帯一式工作を行いました。 一旦完成した鞘への再工作は、鞘塗への影響がどうしても避けられません。
柄巻直しと角での柄頭製作をご依頼いただきました。柄巻は上巻、芯のない牛革で摘み巻としています。
柄造りと鍔ガタ直しのご依頼をいただきました。新規製作をした柄は、金具の姿に逆らわず自然な柄形に仕上がっています。また、鍔ガタ是正のため刃方・棟方ともに責金を行いました。柔らかな金属(銅)を挟むことで茎と鍔を保護します。
鞘造りと鍔ガタ直しのご依頼をいただきました。新規製作を行った鞘は木目を生かす透塗のため、細部に苦労がありました。鍔ガタは刃方に打金を行って改善しています。鍔の位置が若干棟寄りだったため、ガタ是正と合わせて修正しました。
鞘造りと柄前一式の新調をご依頼いただきました。鞘には水牛角材埋没の刃道補強を行いつつ、腰刻を行っています。
鞘造りと柄前一式の新調をご依頼いただきました。鐺金具を除く全ての金具はご依頼者様持込品です。
こんにちは、そしべです。 今日はほんのちょっとした豆知識についてです。 といっても、刀剣に関して造詣が深い方々からすればごく当たり前なお話です。 それは、「刃渡り」について。 別称として、刃長(はちょう/じんちょう)とも呼ばれますが同じ意味合いだと思います。 「刃渡り」の定義とは、刀の一体どこからど…

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top