‘職人の声’ の関連記事

こんばんは。 店長の宮川です。 今回は鞘師さんに竹光の製作を取材させていただきました。 一度ではご紹介できませんので分けてご紹介させて頂きます。 竹光は本身を白鞘に保管した際、鞘と柄を繋ぐ木製の刀身です。 ですが現在竹を使用する事はほとんどなく真剣は朴の木、劇や舞台などのお芝居には樫の木を使用する為…
こんばんは、研ぎ屋です。 今回は荒地のお話です。 (荒地=研ぐ前の刀身材料を私達はそう呼んでいます。) 皆さん、一般的に居合刀と呼ばれている模擬刀の刀身が鋳物であることはご存知でしょうか? 先日鋳物屋さんとお話をする機会があったのですが、 荒地にも微妙な良し悪しがあるということです。 溶けた金属を型…
こんにちは研ぎ屋です。 今回は“刀身の伸ばし”をご紹介したいと思います。 模擬刀の刀身は鋳物でして、荒地(研ぐ前の状態のことです)は実は全てクネクネと 曲がっております。このクネクネ状態を正すのが“伸ばし”です。 金づちで刀身を叩きまくります。 この工程をおろそかにしますと曲がったままで仕上がったり…
こんばんは。 店長の宮川です。 鞘師さんに【職人さんの声】の事をお話した所、他の鞘師さんに迷惑が掛からない なら協力して頂けるという事で喜んでお願いいたしました。 ありがとうございます。 また、鞘師さんはメール等しない様ですので私がお話をできる限り忠実にお伝え したいと思います。 取材だと思ってもら…
こんにちは、研ぎ屋です。 今回は研ぎのお話ではなく、趣味のお話です。 利休拵えってご存知でしょうか? 先日、関市の図書館にて発見しました。 「茶人千利休が監修して、本阿弥光徳(ほんあみこうとく)に製作させたものに、“利休拵”(りきゅうごしらえ)というものがあります。これは黒漆合口拵で、柄も黒塗りとし…
こんばんは。 店長の宮川です。 早速研ぎ屋さんよりメールを頂きました。 画像まで添付して頂きありがとうございます。 以下が研ぎ屋さんより頂きましたメールになります。 ↓↓ 皆さん、初めまして。私は模擬刀の研ぎを専門にやっております。 親戚や知人、その他、刀好きの方と居合刀・模造刀の話をしていますと、…

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top