企画展「刀剣いろは展4 美しい日本刀のせかい」を見てきました

岐阜県関市教育委員会文化課が主催する、「刀剣いろは展4 美しい日本刀のせかい」を見てきました。

可能であれば展示品の写真を撮影しご紹介したかったんですが、”展示品撮影禁止“の注意書きがありましたので様子を記事でお伝えします。

開催場所は、わかくさプラザ。学習情報館1階の特別陳列室です。
15102601
「わかくさプラザ」とは関市役所に隣接する大きな建物で、体育館や室内温水プールのような運動施設のほか、学習情報館、総合福祉会館から成る複合施設です。

学習情報館に入ってすぐ右手に、「刀剣いろは展4」が展示されている特別陳列室があります。
15102602

特別陳列室に入ると、いくつかの御刀と合わせて淡い色調のパネルが目に飛び込んできます。そのパネルには、「日本刀のどこに美しさを感じますか」という問いに対する回答が書かれていました。詳しく確認をすると、関市周辺に所在する刀剣関連の職人による回答でした。刀匠や研師のように直接的に関わりを持つ職人のほか、鞘師、白銀師のような拵製作の職人、果ては愛刀家まで様々な立場から見た回答が一覧できます。中には当店が日頃お世話になっている職人さんの回答もありました。

展示品は大刀、小刀、短刀合わせて十点と、拵三点。これに鍔や目貫のような刀装具が数点のごく小規模な企画展です。

鍛え傷の目立つ御刀が多かったような気がしますが、刃文や反り、地肌など、日本刀としての見どころ別に特徴的な作品ばかりが展示されていて、普段は日本刀に興味のない方でも違いが理解しやすい内容だと思いました。

また、拵三点はどれも素晴らしく本職人の技術にただ感嘆するばかりです。特に、柄地に研ぎ出した鮫皮を着せた拵には本当に驚き感動しました

各地の美術館や企画展に足を運ばれるような方には物足りないかも知れませんが、日本刀に興味を持ち始めた方には非常に楽しめる内容だと思います。わかくさプラザには広い駐車場が完備されているので車でアクセスしやすいですし、入場も無料です。ぜひ一度足を運んではいかがでしょうか。

企画展「刀剣いろは展4 美しい日本刀のせかい」

おまけ情報

「刀剣いろは展4」が展示されている学習情報館には、図書館もあります。この図書館の奥には刀剣関連の書籍を集めた特別ブースがあり、その蔵書量は特筆すべきものがあります。刀剣に関するハンドブックのようなものから高名な日本刀の押形ばかりが図鑑のように製本されたもの、刀剣にまつわる伝記など、得られる情報量は膨大です。もちろん利用は無料ですので、非常におすすめです。

また、学習情報館隣の総合体育館では、地元の団体による居合道稽古も実施されていますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはお気軽に。

※コメントは承認後に表示されます

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されます

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top