矢図柄揃い金具の販売を開始しました

こんにちは、そしべです。
本日は、古山如山先生に元型製作を依頼した新金具販売開始のお知らせです。
以前販売を開始した蜂の巣図金具に続く、素晴らしい出来の金具四点(鍔、縁頭、鐺)です。
新金具の意匠は、矢図柄の揃いにしてみました。
古山如山先生の作品としては比較的珍しく、器物を対象とした意匠です。
・鍔 T-076 矢車図透鐔
・縁頭 K-052 的矢図
・鐺 C-052 的矢図
古山如山先生とは?
国内に数えるほどしか存在しない無鑑査の装剣金工師。
また、全日本剣道連盟/無双直伝英信流 居合道 教士八段。
自身で居合道「如山館道場」も運営。
装剣金工師として、教士八段として、多角的な視点による指導に高い定評があります。
上記金具の通常販売に合わせ、特注居合刀製作 自動お見積りフォームでも選択が可能となっています。
慈成は、蜻蛉の意匠をシンボルに用いています。
これは、蜻蛉が前にしか飛べない様を戦いに臨む心構えになぞらえた古来の武士の想いにあやかったものです。
矢も蜻蛉と同様、一直線に飛んでいくことから、蜻蛉と取り合わせた図柄の武具も多く残っていますよ。
よろしければ、新商品の金具と慈成蜻蛉の金具の組合せはいかがでしょうか。
前進・前向き・向上を象徴する取り合わせとして、ぜひご検討下さい!
今日は以上です。
そしべでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはお気軽に。

※コメントは承認後に表示されます

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されます

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top