[ブログレポート] 4/4 蜂の巣金具ができるまで(魚子打ち工程)

■魚子打ち工程

(画像は全てクリックで拡大します)
縁頭ができるまで_魚々子打ち工程02
魚子たがねを用いて規則的に打ち込んでいく。大変繊細な作業。
縁頭ができるまで_魚々子打ち工程01
魚子打ちの作業は、中断をするとたがねの角度が微妙に変わってしまう。
この違いを発生させないため、椅子の位置や肘の位置などを固定し、作業開始後は電話にも出ずにただひたすらに打つ。
古山先生の打つ魚子は非常に繊細で、その美しさには定評があります。
これまでも、魚子地のすばらしい作品を製作されています。

平成18年 烏銅魚子地葡萄図鍔 平成18年日本美術刀剣保存協会新作名刀展
特賞 烏銅魚子地葡萄図鍔
平成20年 烏銅魚子地葛図鍔 平成20年日本美術刀剣保存協会新作名刀展
特賞 烏銅魚子地葛図鍔
平成22年 烏銅魚子地茄子図鍔 平成22年無鑑査出品
烏銅魚子地茄子図鍔
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはお気軽に。

※コメントは承認後に表示されます

スパム対策のため、日本語が含まれない投稿は無視されます

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top