ブログレポート

だいぶ時間が経ってしまいましたが、昨年末、岐阜県内にある道場様より居合入門刀のご注文を頂き、稽古場まで納品をさせて頂きました。その時の様子をまとめたレポートを公開します。 ご注文を頂いた道場師範の先生とは、昨年秋頃、縁あって交流をさせて頂くようになりました。 聞けば、最近、先生の道場にちいさな女の子…
■魚子打ち工程 (画像は全てクリックで拡大します) 魚子たがねを用いて規則的に打ち込んでいく。大変繊細な作業。 魚子打ちの作業は、中断をするとたがねの角度が微妙に変わってしまう。 この違いを発生させないため、椅子の位置や肘の位置などを固定し、作業開始後は電話にも出ずにただひたすらに打つ。 古山先生の…
■蜂の巣図 縁金具製作工程 (画像は全てクリックで拡大します) 地金素材。厚さと巾と長さを計算してローラーで延ばしたもの。 縁金具製作用の芯金。(手作り) 地金を芯金に巻きつけ指定寸法に合わせる。 接合面にヤスリをかけた後、糸のこを1回通す。この工程により、ぴったりと接合するようになる。 地金が大ま…
■蜂の巣図 頭金具製作工程 (画像は全てクリックで拡大します) 地金取り。曲線に加工するため、地の伸びなどを計算に入れて厚みに違いをもたせている。 打出しに用いる道具。オス型(木型)とメス型(穴の開いた鉄板)。全て自作のもの。 メス型の上に地金をおき、オス型で打ち抜いて頭のかたちに整えていく。 途中…
■蜂の巣図金具ができるまで 新商品として販売を開始した 居合刀 蜂の巣拵 に装着されている 蜂の巣図金具。 六角形の幾何学模様が整然と並び、彫り込まれた内側には魚子が打たれています。 固い金属を素材とした金具に、いかにして規則的な文様が描かれるのか。 多くが曲線で形成される金具が、どのようにして製作…

ブログ内を検索

月別

Twitter

Top